格安SIMはほとんどの人におススメです!!

スマホが出始めてガラケーが少なくなりましたが大手キャリアの携帯料金は安くなってきたとはいえまだまだ家計には重い負担です。
大手キャリアのスマホで払っている料金と格安SIMで払う料金を比べると平均的に年間で一台60000円位違いが出ます。
10年経つと600000円ですね。

殆どの人が格安SIMにした方が圧倒的に節約効果が見込めます。
ただし、働いていて営業の電話や取引先への電話などで通話料金がかさむ方のみあまりお勧めできません。
通話代が逆に高くつく場合があるからです。

主婦や高齢者、学生など通話を無料アプリなどで代用できる場合は通話料金の事も気にせずに使えパケット代も格安になります。
そして、最近の格安SIMは通信速度も速くなってきていて殆ど大手キャリアの使い勝手と変わらない感じで使用できます。

また、大手キャリアにある契約の縛りが無い所が多いです。(2年縛りなど)2年ごとに他社へ乗り換える事で月の料金を少し安くは出来ていましたが面倒なうえにその安くなる料金もせいぜい月5000円位です。

今現在大手キャリアを契約していて2年以上契約している場合は格安SIMに変更する事でお金を浮かせることが出来ます。例え、更新付きで無くて違約金が1万円かかったとしても、すぐに月に浮いたお金で元が取れてしまう程おススメです。

最初に申した通り格安SIMのデメリットとして通話代が高いというのが挙げられますが楽天電話というものを使うと通話料金を半分にすることが出来ます。