格安SIMとWi-Fiを上手く使い分けると通信料がお得に

みなさん、スマホやタブレットの通信とご自宅のパソコンのインターネットの契約、必要以上にお金がかかっているとお感じになってはいませんか?

docomoやSoftbankなどの大手キャリアのスマホはパケット通信と通話料、端末のローンなどでおよそ7~8000円ほど月々かかりますよね。また、ご自宅に別にネットを引いている場合、それも4~5000円ほどかかっていると思います。
しかし、通勤などで電車に乗っている間や、仕事の空き時間などにウェブサイトを閲覧するだけであれば、なにもそれほどたくさんの通信料を払う必要はないのでは・・・
と考えた筆者は2年前に大手のキャリアのスマホをやめ、SIMフリー端末に格安SIMを入れて使うことにしました。

通話はもともと使っていたdocomoのガラケーを一番安いプランで使い、SIMフリーのタブレットを格安SIMとセットで安いというキャンペーンで購入して使い始めました。
使っているのはスマモバという格安SIM。筆者は外ではあまり動画を見たりしないので、一日30MBもあれば十分ということで一番安いプランで使っています。
端末も2万円ちょっとで手に入れました。
大きな通信が必要なアプリのダウンロードや動画の閲覧は自宅にWi-Fiルーターを設置して快適に使っています。
もし、外で大きな通信をしたければファミマやセブンなどのコンビニの無料Wi-Fiを使っています。

これで一番お金がかかっていたころの3分の1ほどの料金でガラケーの通話、タブレットでウェブサイトの閲覧を行うことができています。
料金を抑えたい方、格安SIMをぜひお試しください!